社会福祉法人明照福祉会 明照保育園:私どもは地域社会に密着した社会福祉事業を行ってまいります。

保育園の一日

 保育園の月曜日から金曜日(祝・祭日は除く)における通常保育は、クラス別に次のような内容で行っています。ただし、園の行事や園外保育を行う場合は、下記の内容と異なる場合があります。※ 土曜日は、下表の内容と異なりますのでご注意ください。

保育園の一日

このページの先頭へ戻る

特別保育やその他の活動の内容

GET ADOBE READER以下の特別保育やその他の活動の内容はこちらのdetaile.pdf(129KB)でもご覧いただけます。なおこのファイルをご覧にいただくには、Adobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。Acrobat ReaderはAdobe社のホームページから無償でダウンロードできます。

1.延長保育

  • 月曜日〜土曜日に、午後6時までのお迎えができない場合は、最長7時まで延長保育を行います。
  • 利用に際しては、原則として当日の朝までに、クラス担任の保育士へお申し出ください。また、急に延長保育が必要となった場合は、その都度、お電話等でご連絡ください。
  • 利用料は、1回あたり1児童につき300円です。ただし、1月に4回以上の利用の場合は、月額が一律1,000円となります。

2.一時保育

  • 就職活動や冠婚葬祭などの理由により、一時的に家庭で保育することができなくなった場合に利用することができます。
     具体的には、次の場合に利用できます。
    @ 保護者の病気入院、通院
    A ボランティア活動
    B 家族などの病気介護
    C 兄弟姉妹の学校行事等
    D 冠婚葬祭
    E 母親の出産
    F 保護者のリフレッシュ
  • 利用時間は、月曜日から土曜日(日曜日、祝祭日を除く)の午前8時から午後6時までです。ただし、都合により開始時間より早くなる場合は、午前7時からお子様をお預かりすることができますので、事前にご連絡ください。また、お迎えが午後6時を過ぎる場合は、上記1の延長保育事業のとおり、最長午後7時まで延長保育として対応しますが、延長保育の利用料を頂きます。
  • 利用対象児童は、園児以外の産休明け(生後8週)から就学前(6歳)までの乳幼児です。
  • 利用日数は、1月に14日以内です。
  • 利用料は、1日あたり1児童につき1,500円です。原則として、利用日当日にお支払いいただきますが、計画的に利用される場合は、1か月単位でお支払いください。
  • その他留意事項等
  • (1) 利用に際しては、事前に一時保育登録台帳に氏名、住所、連絡先等を登録していただきます。
  • (2) 原則として、利用する前日の正午までに電話等でご連絡ください。ただし、緊急の場合は、当日の朝までにご連絡ください。
  • (3) 同年齢のクラスに入り、一緒に遊んだり、活動に参加して過ごします。

3.休日保育

  • 保護者が仕事や地域の行事への参加などで、日曜日、祝祭日(1月1日を除く)に家庭で保育することができない場合に利用することができます。ただし、運動会や発表会などの園の行事がある場合は、実施しないこともありますので、事前にご確認ください。
  • 利用時間は、日曜日、祝祭日の午前8時から午後6時までです。ただし、都合により開始時間より早くなる場合、あるいは、お迎えが午後6時を過ぎる場合は、事前にご連絡ください。上記3の延長保育事業のとおり、最長午後7時まで延長保育として対応しますが、延長保育の利用料を頂きます。
  • 利用対象児童は、園児及び園児以外の産休明け(生後8週)から就学前(6歳)までの乳幼児と、小学校3年生までの児童です。
  • 利用料は、1日あたり1児童につき1,000円です。利用日当日にお支払いください。
  • その他留意事項
  • (1) 利用に際しては、事前に休日保育登録台帳に氏名、住所、連絡先等を登録していただきます。
  • (2) 原則として、利用する前日の正午までに電話等でご連絡ください。ただし、緊急の場合は、当日の朝までにご連絡ください。
  • (3) 昼食用の弁当、おやつ、水筒、着替え、小学生については、勉強道具を持参してください。

4.障害児保育

  • 専門機関や嘱託医、児童の保護者、主治医等との連携のもと、担当保育士と看護師を中心に保育を行います。
  • 原則として、同年齢のクラスで、通常の年間保育計画に沿った保育を行います。

5.園庭開放

  • 目的
  • (1) 「遊ぶ場所が近くにない」「危険な場所が多い」など、安全に安心して遊べる環境がない乳幼児に対して園庭を開放し、園児とともに安全に安心して遊べる環境を提供します。
  • (2) 「兄弟姉妹がいない」「近くに同年齢の子どもがいない」など、子ども同士のふれあいの場が少ない乳幼児に対して園庭を開放し、園児とのふれあいを通して自主性や社会性を育む機会を提供します。
  • (3) 園庭開放利用児童の保護者が、園児の様子を観たり、接したりすることで、自分の子どもの成長を確認し、また育児のあり方を見直す機会を提供します。
  • (4) 園庭開放利用児童の保護者同士の交流を通して、子育ての不安等の解消を図ります。
  • (5) 園庭開放利用児童の様子を観るとともに、保護者からの子育てに関する様々な悩みなどの相談に応じます。
  • 開放時間は、毎週月曜日から金曜日の午前9時から午後3時までです。ただし、祝祭日、1月1日は除きます。
  • 利用対象児童は、園児以外の産休明け(生後8週)から就学前(6歳)までの乳幼児です。必ず保護者が同伴してください。
  • 利用料は無料ですが、給食をとる場合は、1食あたり1児童につき200円です。ただし、保護者の給食はありません。
  • その他留意事項等
  • (1) 同年齢のクラスに入り、一緒に遊んだり、活動に参加して過ごします。
  • (2) 給食を食べるときは、3歳以上の児童の場合は、白ご飯(またはパン)と箸を持参してください。保護者の給食はありませんので、必ず弁当を持参してください。
  • (3) 入園希望者や初めて一時保育等を利用されるときは、園の雰囲気等に慣れていただくために、園庭開放の利用を勧める場合があります。

6.子育て相談

  • 子育てに関する様々な悩みなどのご相談に応じます。
  • 来園、電話いずれかの方法でご相談ください。

7.地域活動

  • 沿道の花壇への花の植栽や美化活動、地域の高齢者のいきいきサロンへの参加などに取り組んでいます。

8.児童クラブ

  • 宮崎市からの受託事業として、佐土原小学校内に設置されている佐土原児童クラブを運営しています。
  • 利用対象児童は、佐土原小学校在学の小学校1年生から3年生で、宮崎市児童クラブ事業実施要綱にもとづき宮崎市に入会申請を行い、宮崎市長より入会を承認された児童です。
  • 利用日は、日曜日と祝祭日、年末年始(12月29日から1月3日)以外です。
  • (1) 学校の授業等がある日の利用時間は、下校時から午後6時までです。
  • (2) 土曜日、夏休み等の長期休暇、日曜日の行事の振替日等は、午前8時から午後6時までです。
  • (3) 午後6時までにお迎えに来れない場合は、最長、午後7時まで時間を延長して、お子様をお預かりいたします。お迎えが6時を過ぎる場合は、必ず、児童クラブへご連絡ください。
  • 利用料は、宮崎市が徴収する利用料と佐土原児童クラブが徴収する利用料の2種類あります。
  • (1) 宮崎市の児童クラブ利用料は、1月あたり1児童につき3,000円です。
  • (2) 佐土原児童クラブでは、おやつ代、万一の怪我等に備えるための傷害保険料等として、1月あたり1児童につき2,000円を利用料として頂きます。

9.その他

  • 絵画・造形活動、音楽活動、異文化交流
     週に1回程度、専門講師の指導による絵画・造形活動、音楽活動、異文化交流を行っています。
  • 明照デイサービスセンターとの交流
     園に隣接している明照デイサービスセンターの利用者と、年間を通して交流しています。具体的には、次のような交流を行っています。
  • (1) 運動会や発表会、餅つき大会等の園行事へのデイサービス利用者の招待。
  • (2) デイサービス利用者の誕生会への参加。(歌、遊戯の披露や手作りプレゼントなど)
  • 法人内他施設・事業所利用者との交流
     明照デイサービスセンターの他、ひだまりデイサービスセンターやデイサービスセンターひだまり2号館の利用者(高齢者)との交流、知的障害者通所授産施設那珂の郷の利用者(知的障害者)との交流を行っています。
  • 法人外の福祉施設等との交流
    宮崎市佐土原町内の特別養護老人ホームのクリスマス会等に参加し、歌や遊戯の披露等の交流を行っています。
このページの先頭へ戻る
Copyright (c) 2008 MEISYO WELFARE ASSOCATION All Rights Reserved.