社会福祉法人明照福祉会 相談支援センター明照:心のかよう、安心できるサービスを・・・明るく、元気な笑顔をお届けできるよう努力いたします。

サービス内容

1.当事業所の提供するサービス

(1)介護保険給付対象となる居宅介護支援サービス

 当法人では、「要介護1〜5」の認定を受けたご利用者に対し、介護保険給付対象となる居宅介護支援サービスとして、以下のうち必要なサービスを実施します。

  1. 居宅介護サービス計画の作成
     ご利用者のご家庭を訪問し、ご利用者の心身の状況やご家族の状況、ご利用者の置かれている生活環境等を把握した上で、ご利用者やそのご家族の希望に基づき福祉サービスや必要な保健医療サービス、市町村の高齢者事業等が総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して居宅介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
  2. 居宅介護サービス計画作成後の便宜の供与
    ア) ご利用者およびその家族、指定居宅介護サービス事業者等との連絡を継続的に行い、居宅介護サービス計画の実施状況とそれに伴うご利用者の心身状況の変化を把握します。
    イ) 居宅介護サービス計画に記された目標に沿ってサービスの提供がなされるよう、常に指定居宅介護サービス事業者、各関係機関との連絡調整を行います。
    ウ) ご利用者またはその家族の意思を踏まえた上で要介護・要支援認定の更新申請等、必要な援助を行います。(更新の手続きは認定有効期限の2ヶ月前から可能です。)
  3. 居宅介護サービス計画の変更
     ご契約者またはその家族が居宅介護サービス計画の変更を希望した場合、または事業者が居宅介護サービス計画の変更が必要を判断した場合は、当事業所とご契約者双方の合意に基づき居宅介護サービス計画を変更します。
  4. 介護保険施設への紹介
     ご利用者が自他において日常生活を営むことが困難となったと認められる場合、ご利用者またはその家族が介護保険施設への入院(入所)を希望する場合には、介護保険施設への紹介、その他の便宜の提供を行います。

(2)居宅介護サービス計画作成の流れ

居宅介護サービス計画作成の流れ

2.サービスの利用に関する留意点

(1)サービスを行う介護支援専門員(ケアマネージャー)

 サービス提供開始前に当事業所において担当の介護支援専門員を決定します。

(2)護支援専門員の交代等

  1. 事業所からの介護支援専門員の交代
     事業所の都合により、介護支援専門員を交代することがあります。
     介護支援専門員を交代する際には、ご利用者に対してサービス利用上の不利益が生じることのないよう、十分に配慮を行った上で交代するものとします。
  2. ご利用者からの交代の申し出
     選任された介護支援専門員の交代を希望する場合には、担当の介護支援相談員が業務上で不適当と認められる事情、その他の交代する理由を明らかにした上で当事業所に対して介護支援専門員の交代を申し出ることができます。但し、ご契約の際や交代の申し出に対し、ご契約者から特定の介護支援専門員の指名はできません。

3.専門スタッフの配置

 相談支援センター明照では、介護保険法に基づく人員配置基準により以下の職員を配置しております。

事業所長(管理者)
常勤:1名、非常勤:0名
事業所の総括・管理監督等
介護支援専門員
常勤:−、非常勤:−
介護サービス計画書の作成・変更 各関係機関との連絡・調整等
事務職員
常勤:1名、非常勤:0名
介護保険給付に係る事務処理等
苦情処理職員
常勤:1名、非常勤:0名
介護保険に係る苦情受付・対応等

※ 平成18年8月末現在

このページの先頭へ戻る
Copyright (c) 2008 MEISYO WELFARE ASSOCATION All Rights Reserved.